抜刀みょん2013/06/28

描いているうちに色々加えていったら、だいぶ患っている感じになってしまって……抜刀術はいいですね。
はいてないはやはり難しいですね。

・ゆゆ式
……なんだろう? 最終回を見終わった後に来る喪失感?
日常物って毎週1本は見たいよね

・ガルガンティア
ちょっと予想してたけど、そうなるかー……
フルアーマー・チェインバーがカッコイイ
頼むからチェインバー、生還してくれ。

・討鬼伝
部位破壊で攻略してる感がいいですな……
絵も描きあがったので、今週末はやり込む所存。

2012/06/14

耳と尻尾はある方がいいよね。 あと巨乳。
当方は少しでも乳要素が感じられたら盛る傾向にありますが、だからと言って大きすぎるのも良くないと思うのです。
かといって、膨らみかけも悪くない。
ということで、当方は微乳~美巨乳派です。
しかし……今回の椛は少し盛り過ぎたと思う(笑)
もっと美しい乳を描かなければ。

・ドラゴンズドグマ
遅ればせながら買ってみた。
とはいっても、買ったのは6月入ってすぐなので、もう2週間も前なのか(笑)
未踏の地を探索するのが楽しいですね。 あと、普通にサイクロプスとか歩いてるので、序盤は気を抜くとすぐにヌッ殺されるね。
ただ、慣れてくると、巨大モンスターに掴まって、肉食いながら殴ってると概ね倒せることに気付いて、中盤以降は作業になったりするよね。
ただ、普通に湖の前にいるドラゴンは……当方は頭に乗って延々と殴り続けているだけなのでほぼ無傷なのですが、ポーン達がなす術も無く焼き殺されるし、体力が多過ぎなので肉が足りないしな……
逃げても、ゴブリン笛に惹かれるのか、かなりしぶとく追いつかれるし
奴があの場所にいるのは、嫌がらせ以外考えられない。
そもそもドラゴンは迷宮の奥深くか火山にいるのが相場なのに、湖近くの森(しかも人間達のキャンプ地の近く)にいるとは、どういう了見なのだろうか?
しかも、金銀財宝とか、目に見えての得が無いので、苦労して倒す必然性も薄いし……まあ、奴はもっと強くなってから倒す。

というわけで、今はレベル40くらい。
マップは完全に完成していて、ダンジョンも特殊な鍵が必要なところ以外は踏破済み。
イベントは、マクシミリアンとかいう、いけ好かない騎士の依頼のいくつかを”こなしたこと”になっていて……奴は何度か顔を合わせているのにも関わらず、身分を証明する石版を忘れただけで「はて、どなたですか? 身分を明かす物を持たない愚民めが(意訳)」とか断られたし。
恐らく奴は親の七光りで出世した、実戦経験の無いクズに違いない。
そんな権力の犬に「領主に会わせてやるけど、今受けてるクエストは全部終了する。まさか拒否するわけ無いよね? 戦奴の分際で?(意訳)」とか言われて、「ざけんな(いいえ)」と返して、街を出たらグリフィンが現れて……と思ったら即座にどこかに飛んで行って、呆然としているところである。
え? 何しに来たの奴?

というか、偶然見つけたダンジョンに潜ってみたら邪教の集会やってて、関係者らしき人が何人か出てきたけど「え? どなた?」って感じで、なんか味方っぽい人に「幹部の1人を捕まえたけど、好きにしていいよ」とか言われ「あ、じゃあ、何か悪そうなので」と剣で串刺しにしたら「ウハッ、マジで? マジで殺ったの?(意訳)」とか煽られて、イベントシーンじゃなかったらもう1つの死体ができていたところである。

まあ、そんな脳筋踏破厨プレイのおかげで、情報収集をスッ飛ばして勝手に話が進んでたりするので、正直、話についていけてない(笑)
当方はただ、間宮林蔵リスペクトで探索してただけなのに……いざ、探索が終わってイベントに本腰を入れようと思ったら、もう既に当方を中心に話が進んでいて、もう訳がわからんで御座る。
噂では周回プレイができるみたいなので、今回は「立ち塞がるものは容赦無く斬る」という方針で進めてみようと思う。

あと、野豚とか、牛みたいな無抵抗な敵を50頭くらい殺すクエストとか、誰が得するのだろうかと思う。

懐かしい……2012/06/01



MMD半端ねぇ……ここまで表情が再現できるのか? それとも、これは職人さんの調教なのか?

魂魄妖夢2012/05/11

・みょん
みょんかわいいよみょん。

・咲-Saki- 阿知賀編
まさかの晩成、ダイジェスト瞬殺。
全国大会2回戦から通常速度になって、ようやく能力麻雀が始まりましたが、僕の姉である玄お姉ちゃんがテリーマン現象からのレイプ目で飯が美味……もとい、心が痛いです。
懸命に慰める宥お姉ちゃんが気弱カッコイイ
ここから能力麻雀の本領ですな。 今期はやはり咲がイチオシですね。
あと、解説の三尋木プロが飄々とした童女のようで、「阿知賀のドラゴン・ロード」とか「一巡先を視る者」とか、勝手に中二病なセカンドネームをつけちゃう所とか素敵だ。

・さやかちゃん


なぜ、Zガンダムなのかは置いておいて、6分あたりからのエルザ・マリア戦の再現度が半端ねぇ。
その後のオクタヴィア化の演出も
喜多村さんの声とも相まって素晴らしいですな。
安定のマミさん。

久万梨金鹿2012/05/08

・魔法使いの夜読了
面白かった。
評価としては良作以上、傑作未満なのは確か
ただ、まあ、ボリュームが並か、並より少なめだったという点と、演出に凝っているのは解るけど、若干、凝りすぎに感じられる箇所があったり……
本編を読了すると、おまけシナリオが選択できるようになるんですが、そのおまけシナリオで突然新キャラが登場して、更に他のキャラと既に知り合いらしく、たいした説明もなくシナリオに介入されたとき「誰? まさか本編で未読の箇所があったっけ?」と、一度セーブしてアーカイブを確認した。
しかも、おまけを最後まで読み進めても、新キャラの介入が本当に必要だったのか疑問が残る。
後は、割と純粋な魔術師同士の戦闘なので、武器を使った白兵戦がほとんどなく、Fateや月姫、空の境界のノリとは若干異なる。

まあ、なんにしても、4年は待たせ過ぎだと思う。
延期がなくてこの分量ならば満足だったと思う。
むしろ、半年ペースでラノベで出してくれた方が、読者としては満足できるかと

そんなわけで、おまけシナリオで主人公だった久万梨金鹿を描いてみた。
更にPIXIVでTYPE-MOONイラストコンテストとやらが開催されているので、それにも出してみた。
彼女の事情から察するに、部屋のインテリアは実用的な物ばかりで、趣味は小物集めとあったので、そういうグッツで溢れているのではないかと妄想する。
更に少女趣味があったりすると最高だよね。 ロリータ服とかかなり似合うと思う。

・新作来てた!!


お嬢様がカリスマに溢れていて素敵。
小悪魔……