サンプルシナリオ2011/08/11

・サンプルシナリオ01追加
こちらのページのReinForce→ダウンロードコンテンツから取得できます。
調子に乗ってPDFで作ったけど、微妙にサイズが大きい……次回からHTML形式でやろうかと思う(笑)
他にキャンペーン用のシナリオが全2話あるのですが、少し手直ししたい箇所があるので、もう少しお待ち下さい。
本当は戦闘管理シートもカラーでアップしたかったのですが、そちらの今しばらくお待ち下さい。

・訂正
あと、総ページ数が116ページと発表してましたが、実は118ページでした……まあ、実に初心者らしいミスで印刷所の方々に多大な迷惑をかけてしまった(笑)
まあ、些細な問題ですな

1日目 西地区 そ-15b 終わりのない欠落
よろしければ明日、会場で会いましょう。

同人誌の表紙をアップ2011/08/11

・コミケ80
本の表紙をアップしておきました
「12日(金) 1日目西地区 そ-15b 終わりのない欠落」なんでよろしく

・ゲーム
散々、迷ったのだが、折角なので俺はダンジョントラベラーズを選ぶぜ
体験版が簡単にダウンロードできるのと、セーブデータがそのまま本編で使用できるという点が大きかった。
このゲームもダンジョンRPGなんでウィザードリィの系譜なのですが、大分簡略されていて、昔のエロゲーRPGの雰囲気が(いや、まあ、原作がエロゲーなんで当然といえば当然だが)
それでもレビューの評価では「キャラゲーとは思えないほどのシッカリとしたやり応えのある内容で、難易度も高い」となっているようです。
一応、当方はToHeart2のゲーム本編はやっていないのだが、Webラジオを聴いているので、何となく知っている程度の知識。
はじめにプレイヤーキャラとなるのはファイターのタマ姉と、マジックユーザー(どうやら回復・属性攻撃魔法両方が使える)のこのみの二人。
え? ちょっと待て、スカウトとビショップがいないんだが?
街に行っても仲間が増える様子はない。
一応、前衛と後衛の役割分担ができるけど、スカウト無しでダンジョンに潜るのはウィザードリィ経験者としては怖い(笑)
あと、ビショップがいないとボッタクリ商店に献金しなければならない……これも厳しい。
そんな感じにビクビクしながら3Dダンジョンに望むと……どうやらピットとか毒針等の罠は無いらしい。宝箱も普通に開けられる
シーフの戦闘以外の役割はほとんど無いみたい。
ただ、各キャラ固有のスキルがあって、それを取得することによって攻撃を補助したり、魔法を覚えたりできる模様。
ダンジョンの宝箱もしばらくすると復活するし、敵を倒すとときどき未鑑定のアイテムを落とすので、アイテム集めや強い武器を探すのも楽しい。ビショップはいつ仲間になるのだろうか? ボッタクリェ
あと、戦闘もガチで殺しにくるので、相手の情報を調べたり、スキルを上手い具合に利用したりしないと勝てない。(全滅すると即ゲームオーバー)
うむ、これはやり応えがある。
戦闘中も含めてフルボイスだったり、イベントCGも多そうなので、キャラゲーとしても良さ気だ。
そんな訳で、当方はしばらくタマ姉とこのみと共にダンジョンに潜る。

入稿完了2011/07/25

・一応。
過去に同人活動をしていた時期もあったのですが、印刷所に出したのもデータ入稿も初めてだったので、若干不安ではあるものの、入稿してやったぜ。

下記に簡単な概要。
------------------------------------------
コミックマーケット80
2011.08.12 1日目金曜日
西地区 そ-15b 終わりのない欠落
------------------------------------------
新刊
・「リィンフォースTRPG」
オリジナルテーブルトークRPGのルールブック
116ページ 価格1,000円(予定)
------------------------------------------

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、第12回ゲーム・フィールド ゲーム大賞に応募して第一次選考を通過した物です。
まあ、応募してから半年以上期間が経ってますので、かなりアレンジされていますが。
基本的には正統派ファンタジー物なのですが、ファンタジー物って中世だとかのイメージが多いので、それがそのまま発展して現代に近くなったら……という世界です。マジカル携帯電話とか。
制作のコンセプトとしては、ソードワールドより派手でセブンフォートレス・アリアンロッドよりリアル(もしくは地味?)
どんなにレベルが上がっても、単騎で10体の敵に囲まれたら死ぬような……無双して楽しむというより、燻し銀な立ち回りをして悦に入るような方にオススメです。

話は変わりますが、当方は魔法少女リリカルなのはA'sと、平成仮面ライダーシリーズ、ガンダムW、ガンダム00、東方が大好きです。

以降、ちょくちょく画像とか情報とか出していきますので、よろしくお願いします。

・ガンダムメモリーズ
前に散々言ったものの、やはり気になって購入。
入稿後にふらりと訪れたゲームショップに新品3,980円で売られていたので。
……そのゲームショップ、新品は大体入荷日近辺で完全に売切れてしまうほど入荷を絞っていることで有名なのですが、発売してから一ヶ月以上経っている筈なのにまだ新品が残っていたのか?
追加発注を多めにしてしまったのだろうか?……近隣の大型チェーン店舗では毅然と新品4,980円で売られているというのに。
小売店はそういう情報戦とか駆け引きの能力に長けていないと生き残れないのであろう。
キャラゲーという部分を考慮したとしても、そこまで安くせざる終えなかった……こいつはヤバイ、酷い地雷臭がするぜ

震えながらプレイ開始。
基本的に宇宙や空中戦で、地面に着地できない仕様なので、アクションが掴みにくいというのはあるのですが……確かに爽快感が無い。
味方が最大で二人いて、任意に交代することができるのですが、操作していない間の味方はいない状態。つまり、基本的に単騎で行動することになる。
あと、射撃攻撃が非常に弱く、しかも連打すると隙の多いコンボ攻撃になったりするので、一対一なら良いけど、多勢相手には的にして下さいといっているようなものです。
必然的に近接攻撃を狙うことになるのですが、こっちがブーストダッシュで近づくと、敵がブーストダッシュで後退することがあってなかなか差が縮まらない。
その間に複数の敵から縦横無尽に攻撃を受けることになるので、気分はガンダムWである。
せめて味方二人が援護してくれれば……恐らく00劇場版の最終戦。クアンタの突入を支援する演出からリスペクトされたんだと思いますが、ゲーム的には微妙なところかと思われ。

まあ、概ねamazonのレビュー通りであった。

シナリオが00のキャラクターを使ったチュートリアルからスタートするのですが、その次が00二期の最終戦で……チュートリアルを完全に熟知したうえで、堅実にガード・回避しなければクリアできないような難易度。あれは心が折れる。

00のシナリオをクリアすると他のモードが解放されて、他のシリーズの機体も使えるようになるので、レッドフレームを手に入れるまでは頑張ろうと思う。