鬼滅(流行りモノ)を薦める迷惑な人2020/10/25

当方は鬼滅、見てないです。
個人で紹介しているサイトで漫画の一部ページを引用されている部分を見たり、感想や評価を聞いただけなんで偏っているかもしれませんが、それでも善逸と日常のノリが当方に合いそうになかったので恐らくアニメも映画も見ないです。

多分、当方のように合わない人もいれば、合う人もいる。
それで話は終わりなんですよね。
面白そうなら見れば良いし、興が乗らなければ見なくて良い。
選択するのはその人自身。


友人とかがハマった場合、その作品についてプレゼンを受けることがあると思います。
思慮のある友人であれば「相手の好みを考慮して」ハマる要素があれば薦めるし、無ければダメもとで軽く薦めて、反応が悪いとアッサリと引き下がる感じだと思います。普通は。


ただ「思慮が浅く、物事を深く考えない虫みたいな奴」

これが非常に厄介なのです。

当方もこれまでの人生でこういうタイプの人と何人かカチ合いましたが
この手の人は流行りモノには無条件で乗るけど浅く、とにかく薄っぺらいし、全く突き詰めない。

こういう奴は「自分で考えたくないし責任を持ちたくない」から、価値基準が「世間で流行っているもの」になりがちです
更に思慮や配慮が足りないから、相手の好みを全く考慮してないのに「君に合うと思うんだよね」などと耳障りの良いことを言いながら誰彼構わず世間で流行っているものを薦めてきたりします。
そして、流行っているものに触れていないとそれでマウントを取ってきたり、合いそうにないと断ると人格否定までしてきます。

ソイツから「どういうところが良いのか」とか「なぜ当方に薦めようと思ったのか」とか具体的なことを聴いていくと話題は内容ではなくて「売上の高さ」とか「あの著名人ハマっている」とかピントのズレたことを言いだしがちです。
それを聞き流して『ソイツ自身がどう思ったのか』に方向修正しながら辛抱強く問い正していくと、どんどん饒舌さが消えて、何も答えられなくなっていきます。

それで当方も気付いたのです。
「あ、こいつ、自分では何も考えていないな」と
自分では何が面白いか全く分析できておらず、何となく雰囲気で楽しんでいるだけ……
それどころか登場人物の事をしっかり覚えていなかったり、ストーリーもあやふやで理解できていなかったりする。

別に気にいった作品を人に薦めることは悪いことではありません。
作品について感想を言い合ったり、色々な意見を聞いて作品の理解度を深めるために色々な人に布教したいと思うのは普通だし、とても健全なことだと思います。

けど、こういう人は「流行の最先端にいる自分すごい」がしたいだけなんだよね。

それだけならまだしも
「流行りに乗っている(流されている)」だけなのに「自分が支持されている」と都合良く脳内変換して気が大きくなり
自分がやられたら嫌なはずなのに、考えるのが面倒だから相手の立場を全く考えてなかったり
自分の価値基準が揺らぐのが不安だから強い言葉を使ったり、マウントを取ったりする……
こういうのか流行りモノに乗らない人を馬鹿にしたりする、所謂「キメハラ」とかをしている人種だと思います。
虫みたいに何も考えずに生きるのは勝手だけど、他人を巻き込まないで欲しいですよね……


話は変わるけど「鬼詰」のロゴを思いついた人は天才だと思います。


・魔女の旅々
「キノの旅」の系譜ですな
通常のなろう系だと現代の倫理観で小悪党を断罪したり、少し肩入れし過ぎるけど話の分かる権力者に気に入られて良きように取りはかられるのが通例だけど
主人公のイレイナは『旅人』という立ち位置を崩さず、変に肩入れせず、目先の正義感で大きな問題に切り込まないし、それがこの系譜の醍醐味だったりするんですよね

なんかネットの感想を見たら「イレイナの性格が悪い」とか話題になっているみたいでけど
これを言っている奴は通常のなろう系とか、百合系を期待してたんだろうかね?

「自分の手の届く範囲なら手を貸すけど、手に負えなかったり責任を持てないのであれば関わらない」

その鉄則を守っているだけで、イレイナは十分に善良だと言える。
高圧的な態度で来た衛兵には高圧的に対応したけど、後から丁寧に接した衛兵にはちゃんと対応しているのも旅人として正しい自衛手段だし
食事の礼もあっただろうけど割れた水差しを無償で直してるしな

あの花を放置したのは正しい対処の仕方を知らなかったからだろう
下手に燃やしたら生態系が崩れて別の問題が発生する可能性もあるし、その後の推移を見守る責任も負わなければならない。
奴隷に関してもあの段階で救うには奴隷を買い取って、その後も面倒を見るしかない。
旅人を辞めてその地に住み着くとか、長い時間を掛けて生きる術を教えるとか、旅人には荷が重いですよね。

これが流行しているアニメ化するような「なろう系」なら
義憤に駆られてチートスキルで花を駆逐して一切の後遺症もなく平和になって、その地の権力者に気に入られて
奴隷少女も村に来たばかりで村長が手を付ける直前に邪魔できて、最終的には村長を懲らしめるなり改心させて、村長息子にも身の程を解らせつつ主人公を尊敬するようになる
奴隷少女は旅に加わって、実は得難い才能を持ってて主人公をサポートするようになるんじゃないのかな?
更に前回の見習い魔女も合流しては百合ハーレムが形成されるであろうね

こういう主人公がチートで周りをどんどん幸せにしていく話も嫌いではないのだが、魔女の旅々はそういう内容ではないんだよな……
見る作品とジャンルを間違えているんだよな、こういう批判をする人は
世界にはいろんなジャンルの作品があるんだから、作品の構造を分析して自分なりに楽しみ方を色々模索して欲しいなぁと思います。
あとは、神の視点で俯瞰できない主人公に対して結果論で評価するのも的外れ

それと一番許せないのは過去の有名な作品を利用して現在の作品を叩いている奴
今回の件なら「キノさんなら解決してた」とか言っている奴
いやいや、キノも武力が高いから力技で解決することが多かったけど、基本的に降りかかる火の粉を払うときだけで、自分から進んで献身的に問題を解決するような娘じゃなかったよ?
概ね行動の動機は「自分がムカついたから倒す」だけで基本的には面倒そうな問題は避けるし、見捨てるときはアッサリ見捨てる。
そんな中でついでだったり利害が一致すれば可能な限り困っている人を助けるけど、力及ばず助けられなかったこともあるし、問題を見つけながらも見過ごすことは何度もあったよな?

こんな感じで過去の作品の登場人物を全肯定・神聖視することで強力な叩き棒にしている奴いるよね。
ちょっと調べれば全然違うのが解るし、当時、その作品も賛否あったり叩かれたりもしてたのに、その件は全くなかったかのように語る。
まあ、多分、ただのニワカ野郎で、知ったかぶりで話しているだけなんだろうけどね


・まとめサイト
というか、当方が見たのが所謂『まとめサイト』だったから意図的にそのようなコメントを抽出していたんだろうけど
それでも昔は感想コメントの中には真っ当な意見や感想なんかもあったんだけど、今はもう対立煽りとか、視野の狭いコメントばかり……真っ当な人は感想コメントを書かなくなってしまったのだろうかね?
まあ、冷静に考えるとメリットが全く無いよな……
当方はもともと完全に見るだけでコメントは書かず、せいぜい良い意見に評価ボタンを押す程度だったけど

まとめサイト以外だと肯定意見のみ推奨で、否定意見を忌避しているサイトばかりだからな……
どんな作品でも「良いところ」と「悪いところ」はあるわけだし、一方のみを論じるのは不健康だし面白くない。

少し前はネットで色々なことが調べられたけど
最近は特にゲームの攻略サイトが顕著で、広告収入最優先のエアプサイトばかりで、信用できる情報がなかなか得られなくなってきているよね……
元からネットには嘘と真実が入り混じっていたけど、最近は嘘ばかりがどんどん肥大化している印象。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です
管理人の「好き」の欄で一番最初に書いてあるのは?
(プロフィール欄参照)

コメント:

トラックバック