みゃー姉は私の姉になってくれるかもしれなかった女性だ2019/02/21

私に天使が舞い降りた! みゃー姉 ブルマ
今期は「私に天使が舞い降りた!」ですね!!
きらら枠が無いから、当方のような百合豚は「どのようにして生きればいいんだ!?」と戦々恐々としていたのは杞憂でしたね
これと「えんどろ~」があれば……マオちゃん先生が酷い目に合う会は概ね神回だよね!!

どうやら、こういった作品が「ジェネリックきらら」というらしいですな、俺に効く。

話は逸れましたが「私に天使が舞い降りた!」こと「わたてん」なのです。
当方の押しは、当然ながらみゃー姉ですな。
いや、みんな一線級の良い娘だけど、やはりみゃー姉が一歩抜きん出ている。
割とコミュ症なところも、同性だけどギリアウトな要求するところも悪くないですが、逆に同じことをされて身を持って被害者の気分を味わわされる展開も良いですね~。

こういう日常物って登場人物が増えるのがテコ入れの意味合いが強くて、あまり上手くない作品だとマンネリ化する度に新登場人物を入れて……って感じなんだけど
「わたてん」はテコ入れ感が薄くて、物語の展開がなかなか上手いんですよね~
EDにまだ登場していない幼女が居るよね? まだ新しい展開がありそうで楽しみ。

ただ、みゃー姉の趣向は当方も大変共感を覚えているのですが、スクール水着は守備範囲外とは意外。
学生時代に自分が着て、過小評価からの拒絶であろうか? それとも何かしらのトラウマがあるのかも。
……となるとブルマも。

まあ、なんにしても
自分が穿かされたら恥ずかしがるであろうと……

それに、二次元の世界だと「ブルマが現役の世界線」で物語が進行しているケースも少なくないじゃないですか!!

当方はすべての二次元に対し、明言されない限りは「ブルマが現役である」ものとして、
希望を持って絵を描いておりますので、ご了承ください。

いつも通り、pixivとtinamiに大きな画像を上げているので、ハミパンを拡大して見たい人は特にどうぞ。

あと、描いてる間により思い知ったけど、この二人……ロリぐだ子とマシュにしか……
差分程度ですが、追加でもう一枚描こうと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です
管理人の「好き」の欄で一番最初に書いてあるのは?
(プロフィール欄参照)

コメント:

トラックバック