2018年春アニメ感想 中盤~終盤2018/06/09

・刀使ノ巫女 22話
やっぱり、話の端々が微妙に上手くない。
主軸となっている物語は王道的で非常に良いだけに残念。

今回は高津学長と夜見さんの関係性にクローズアップしていたけど、もっとお涙頂戴の熱い展開にできたように感じる。
夜見さんももっと感情を発露させて壮絶な最期……のように見せたりとかしてくれたら良かったのに……
個人的には最終話のEDで、Endless Waltz EDのレディ・アンとマリーメイアみたいになっててくれたら大満足なんだが……

今回の話は特に淡々とフラグを回収して順調に風呂敷を畳んでいるような感じが見え隠れして、熱い展開が今一つ盛り上がりに欠けているように思えます。

高津学長も一期のころは紫様一筋だったのに、19話あたりで明確にタギツヒメに寝返ったけど、そこら辺の理由も明かされず……地位や権力が欲しかったんですかね?
そういった理由が明かされなかったり、明かされるタイミングが微妙に遅かったりするのも盛り上がりに欠ける一因になっているかと思います。
姫和が生存しているということを直接対峙するまで気付かなかったというのも……出撃する理由が「小烏丸を取り戻す」より、出撃前に姫和の生存を知って「姫和を取り戻す」にした方が盛り上がったんじゃないかと……


・ガンダムビルドダイバーズ 10話
運営が積極的に動いているように見えないのが今一つモヤりますね。
それとチートが強すぎて、有志連合は消耗戦どころか時間稼ぎしかできない状況なのも辛い。
折角、マギィさんが乗機で初参戦なのに、無制限チートが相手というのが少し残念。
ネットを介するゲームではつきもののチート問題ですが、どのように決着をつけるのか楽しみですね。


・GGO 8話
レンとフカ次郎、良いコンビですね。
最初はレンのガチっぷりに引き気味だったり、フカ次郎のハイテンションぶりに一歩引いているような描写があって、「先行き不安なフラグなのか?」と勘ぐっていたのですが
実際に問題が発生したら阿吽の呼吸で乗り切ったり、互いの失敗をフォローしあったりして熱いですね。
フカ次郎もGGO初心者であってもVRゲーム熟練者なので、なかなかの芸達者ぶりを魅せてくれて良いです。

右も左もわからない初心者だったレンちゃんが、「コロス! コロス!!」連呼しながらも有言実行しているのは感慨深いものがありますね。


・グランクレスト戦記 22話
終盤に向けて盛り上がっている感じはするのですが……やはり物足りない印象もありますね~
戦記物で群像劇になるから個々の描写が弱くなってしまうのはしょうがないのかもしれませんが、やはり、もっと掘り下げが欲しかったなぁと思ってしまいますね。
あと宗教怖い(笑)


・こみっくがーるず
癒し! 圧倒的癒し!!
かおす先生の次回作にご期待ください。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
申し訳ないのですがスパム対策です
管理人の尊敬する人で、漢字四文字の人は誰?
(プロフィール欄参照)

コメント:

トラックバック